JavaScript

Node.jsの非同期処理を実現するためのイベントキューとイベントループについて

Node.jsの非同期イベントを実現するためには,イベントループとイベントキューが必要不可欠です.この2つを簡単に説明すると,イベントループとは複数のイベントを待機させるための仕組みのことを指します.イベントキューとはイベントが発生した場合,そのイベントを待ち行列として格納しておくデータ構造です.これらを使用してノンブロッキングI/Oを効率よく実行させます.詳しくみていきましょう.

続きを読む

カスタム可能!!カーソルを追従するアニメーションを作る!–TamoTech–

マウスカーソルアニメーション

今回はカーソルの追従アニメーションについて,実際のコードを踏まえながら解説していきます.普通のサイトと比べてカーソルにちょっとしたアニメーションがあると,サイトが映えますよね!映えるサイトは小さな工夫の集まりです.ぜひカーソルのアニメーションを採用してみてください!

続きを読む

簡単実装!!【jQuery】でオリジナルローディングアニメーションを作る!!–TamoTech–

jquery ローディング アニメーション

今回はjQueryオリジナルローディングアニメーションを作成していきます!ローディング時に,クルクル回る,待機アイコンや,進行バー,ロード状況のパーセント表示を一度はみたことが必ずあると思います.今回はシンプルだけど,おしゃれに見える,ロード画面の簡単な実装方法を紹介していきます!

続きを読む

すぐ使える!数値をカウントアップさせる関数【jQuery】–TamoTech–

カウントアップ,jQuery

Webページに数値データ(会社の売り上げ,社員数,アンケート結果等)を表示する時に,ただ数値を載せるだけでは,あまり注目されないことが多いと思います.自分が一番注目して欲しいデータは,何かしらの強調表現を付け加えなければいけません!強調方法は,デザインで補ったり,アニメーションをつけて補ったりします.今回は,数値をカウントアップさせ,Webページに動きをつける関数をjQueryで作成します.この関数は,初期値,終了値,アニメーション時間,イージング,要素を指定して使えるようにしています.ぜひコピペで使ってみてください!

続きを読む

【jQuery】Webページにおける縦方向の現在位置を示すインジケーターをjQueryで実装する

この記事では,Webページにおける縦方向の現在位置を示すインジケーターをjQueryで実装します.ウィンドウのスクロール量に応じてインジケータが指し示す点も上下に移動します.また現在のインジケーター以外のインジケーターをクリックすることで,その高さのウィンドウまで自動スクロールするように実装します.Webページ全長がとても長い場合等に有効な方法です.それではインジケーターの作り方を見ていきましょう.

続きを読む

Node.jsのテンプレートエンジン「 EJS 」を使用してページを生成する

この記事ではNode.jsのテンプレートエンジン「EJS」を使用して,Webページを生成します.テンプレートエンジンとは,Webページを構成するHTMLを生成するための型のようなものです.HTMLだけでは毎回同じページしか表示できません.HTMLに独自機能を組み込んだテンプレートエンジンを使用することで,出力をNode.jsで書き換えることができる動的なWebページを作成できます.今回使用するテンプレートエンジンはjavascriptで利用される「EJS」を使用します.それでは解説していきます.

続きを読む

Node.jsって何に使うの?

node.js rogo

Node.jsとはずばり!javascriptのプログラムを実行する環境のことです。「javascrip」って、Webページにアニメーションつけたりする簡単な言語じゃないの?って思っている方!実はWebアプリケーションそのものを作ることだってできちゃうんです!

従来のWebアプリの作成は、バックエンドをRubyやPHP、フロントエンドをjavascriptが担当していました。しかしNode.jsはどちらも1つの言語で開発することが可能なのです!!

続きを読む